テレビの音がうるさいのは高齢者だけじゃなく若い人にも増えている

テレビの音がうるさい
家族からそんな文句を言われるのは得てして「@お年寄りが多いのは事実です。
誰しも年齢を重ねれば、代ないr小なり耳が遠くなります。
しかし、最近では若年層でもテレビの音がうるさい人が増えてきているのです。

国立長寿医療センターが行った調査によると、難聴と年齢には相関関係がないという結論を出しています。
難聴と相関関係があるのは、「騒音」と「動脈硬化」だというのです。

確かに、1960年代にアフリカで発見されたマバン族では、当時 高齢者でも難聴はまったく見られなかったそうです。
また日本でも、75歳以上の高齢者でも20歳代並みの聴力を持つ人が約4%もいます。
ひょっとしたら、このあたりがなにかヒントになるかもしれません。
つまり、今までの老化現象だとばあk離考えられていた難聴ですが、加齢性難聴は「自然な老化現象」だとは断言できないのです。
「歳をとればだれでも耳gヴぁ遠くなる」というのではなく、生活習慣を改善することで予防もできることかもしれません。

今の若者はずっとヘッドフォンで一日中 音楽を大音量で聞いている方も少なくありません。
本人には悪いですが、その音楽も一種の騒音と言えます。
そして、どんどん若年層でも難聴に悩む方が増えてきているのです。
高齢者の難聴者には、昔工事現場や騒音の激しい工場で長年働いていたという方も少なくありません。

耳の中の蝸牛と呼ばれる部分胃ある有毛細胞。
ここが音を感じて、それを脳に電気信号として送っています。
この有毛細胞。
悲しいことに再生されないのです。
大きな騒音の中でダメージを受け続けていると、だんだんその湯毛細胞が減少してきます。
もちろんそれは年齢と共にも減っていくので、高齢者に耳が遠い人が多い理由でもあります。
しかし、若いうちから有毛細胞にダメージを与え続けていると、難聴になりだす年齢がどんどん早くなってきてしまうということです。
今の40歳代でも軽度の難聴の方はたくさん隠れているのです。
高齢者 テレビの音が大きい 対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です